FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

こんな施設があったらいいな♪

昨日からときどき【農業】(といっても、私の場合は家庭菜園とかですが)について考えています。
そして「こんな施設があったらいいな。こんなところで働いてみたいな」と想うようになりました。
私がイメージする施設のことを人に話したら、「こういうところがあるよ」と【魅力ある都市農業をめざして ~白石農園の取組み③ 畑がディケアの場になった-メンタルケアの場としての農園作業-~】234516を紹介してくれました。
投稿を読んでみて、「やっぱり農業って、人の心を動かすことができるんだ。みんなの活力再生に繋がるんだ」と想いました。

そこで・・・
私が「こんな施設があったらいいな。こんなところで働いてみたい♪」と想う施設を、勝手なイメージではありますが発信します☆


それは。敷地内(もしくは敷地外でも、すぐそば)に農園を有していて、入所者も利用者も近隣住民も作業することができ、その農作物を食べることができる幼老施設。(農園の大きさは問わず。小さくてもいいかな~。数種類の野菜をちょこっと作るだけでも)
入所・利用している子供にとってもお年寄りにとってもご家族にとっても職員にとっても近隣住民にとっても・・・イイコトづくしのような気がします♪

たとえば。
子供もお年寄りも、互いに関わり合うことで活力再生が図れる!(参考:197765、198985、リンク)
 →そんな子供やお年寄りを間近で感じたり一緒に関わり合うご家族に
  も、充足・活力はもちろん伝播していきます
農業についてのお年寄りの知識や知恵が役に立ち、お年寄り自身が自己の役割や生きがいを見出すことができる!
みんなの努力や農作物が育つ過程を感じることで、自然や食べ物・他者への感謝や物を大切にする心が育まれ、豊かな子供に成長していく!
自分たちで作った・一緒に生活する人たちが作ってくれた食べ物。より一層美味しく、食を楽しめる!
お年寄りのリハビリに繋がり、みんなで元気な体作り!
子供や親世代の社会性の構築!
何ヶ月に一度、施設を開放して地域住民の方たちと一緒に農作物を使ったパーティーをしても楽しそう♪
などなど・・・
いろんなワクワクするイメージが膨らんでいます。
私は職員として働くわけですが、みんなと一緒に(もしかしたら誰よりも?)楽しんで農作業をしたいって想います☆
また家庭菜園や市民農園についてネットで調べてみると、「周りの人と歩調を合わせることも大切。『自分のところだけ環境を整えて、周りに被害を広げていないか?』と周りをちゃんと見て、みんなのことも考えましょう」というようなことが書いてありました。つまり、こうして相手やみんなのことを想いやり、協調・協働していくこともできると想います。


こんなの夢物語・・・とか、そう上手くはいかないよ・・・とか、そんな施設はそうないよ・・・かもしれません。
それにこれを実現するためには多くの人の理解や協力や、土地やお金などが必要で、実現はまだまだ難しいかも。
でも幼老施設での活力再生の成功事例があるし、社会の農への関心が高まりや農による活力再生事例もあるし。なにより社会が求めてる。
これらが合わさったら、きっとすごい成果に繋がるんじゃないかと感じています♪


ふぇりちゃん
スポンサーサイト





にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/432-3dffdb0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)