FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

「生活と生産の場が一つになった共同体を作ろう」と仲間4人で立ち上がった農業集団の事例

今から40年前に、「生活と生産の場が一つになった共同体を作ろう」をテーマに仲間4人でスタートした共同農場集団について紹介します。

『自然酒と自然食品の店 かとう 浜松西』より引用します。

~引用開始~

食品添加物など、食の安全が社会問題になり始めた1972年、「生活と生産の場が一つになった共同体を作ろう」と仲間4人で島根県弥栄村(現浜田市)の中山間地域に入った。

~中略~

艱難辛苦の末、有機栽培の大豆や大麦を使った、安心できる味噌を作り、
これが時代の流れをつかむ。

今、やさか共同農場は、地元の営農組織とも連携し、みそやトマトジュースなどの有機加工食品を生産・販売する。

共同農場では今、35人が働く。

入村時の目標が実現した今、「若い世代が 自分でハンドルを握れるようにするのが自分の仕事」と、後継者育成にも力を注ぐ考えだ。

~引用終わり~

正に自分たちの生きる場を自分たちで作る集団。次の「人材育成」課題を見据え、日々現実の中で闘っている集団だと思います。



K-brace
スポンサーサイト





にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/491-097e7d1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)