FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

昔の百姓達はすごかった。

農業をやっていていつも思うのは、「昔の百姓達はすごかった!」という事です。

村のみんなの飢えをしのぎ、冬の間の食料を貯め、来年の春、種を播く分を確保しなければならない。
自然現象や作物の状態をじっくり観察し、失敗と成功を繰り返して、経験を積み、勘を磨く。
当然、リーダーはいたでしょうが、一人で考え、一人でやってみるのではなく、村の皆で考え皆でやってみたのでしょう。
そして、いつしか、作物の栽培方法、加工方法、備蓄のやり方、更には、自然の摂理や、生命の原理、に到るまで、探求し、見つけ出す。
それらが、みんなの共通のものとなり、進化発展して、次の世代に受け継がれていく。

「真の創造はこんな現実の真っ只中から、生れた。」のでしょう。
又、このような「工夫や創造を生み出したのは、みんな素人だった。」のです。

「農学栄えて、農業滅ぶ。」といわれているそうですが、農学が生み出したものは、昔の百姓達が生み出したものには足元にも及ばないし、逆に様々な環境破壊を生み出している。

「素人が、現実の真っ只中にいて、皆で、真剣に考え、皆でやってみる事でしか本当の工夫や創造は生れない。」という事が本当なんだろうと思う。


丸一浩
スポンサーサイト





にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/50-292e3c8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)