FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

水稲栽培の収穫高世界記録の秘訣とは?

大量の農薬、化学肥料、専用の種子を使わなければならない近代農法に対して、徐々に広まりつつあるのがSRI農法です。
以下、リンクより引用です。

 水稲栽培の収穫高で世界記録を持つのは、農業研究施設でも米国の大規模農家でもなく、インド北部のビハール州の1人の農家、スマント・クマール氏である。ダルヴェシュプラ村に2ヘクタールばかりの農地を持つスマール氏は、1エーカーの土地から1ヘクタールあたり22.4トンという 収穫記録を樹立した。この快挙を可能にしたのはSRI( System of Rice Intensification:稲集約栽培法)と呼ばれるものである。この記録がいかに突出しているかは、世界の水稲栽培の収穫高が1ヘクタールあたり平均4トン程度であることを考えれば明らかだ。化学肥料を使用しても、平均収穫高が8トンを超えることはまずない。

 スマント・クマール氏の成功はまぐれではない。近隣の4人の生産者も、SRI農法を新たに取り入れた結果、過去に中国で打ち立てられた1ヘクタールあたり19トンという世界記録に匹敵するか、または上回る成果を上げた。さらに言えば、彼らは無機質肥料をごく控えめに用いただけで、農作物保護のための化学薬品は必要としなかった。

◆SRIの成立と原則

 SRIは1960年代、マダガスカルにおいてフランス人のアンリ・デ・ロラニエ・S・J神父が始めた経験則的な農法である。SRIはその後、世界中の様々な条件下で、小規模農家がコメの生産性を上げるのにおおいに役に立ってきた。インドネシアの熱帯雨林地域からアフガニスタン北東部の山岳地帯、さらにはインドやパキスタンの肥沃な河川流域からサハラ砂漠の端にあるマリのティンブクトゥの乾燥地帯まで、SRI農法は実に幅広い農業生態条件下で適合することを示してきた。
SRIで管理を行うと、水稲栽培による収穫高は通常でも50~100%増加するが、時にはスマント・クマール氏の場合のように、驚くほどの成果が上がることもある。種子の必要量は大幅に減少し(80~90%減)、灌漑用水の必要量も減少する(25~50%減)。土に十分な有機物を与えることができれば、無機性肥料はほとんど、あるいはまったく必要なく、農作物保護のための化学肥料は、必要だったとしても、とるに足りない程度だ。SRIで育成された農作物は概してより壮健で、干ばつ、極端な気温、洪水、暴風雨被害などの逆境に対する耐性も高い。

SRIを用いると稲体と根の生育が劇的に良くなることが多い。
 SRI農法は主に4つの原則に基づいており、それらは相互に作用して相乗効果を上げる。
・最初から慎重に、健康な苗を確実に育て、根に栄養を与えて、潜在力を高める。
・植え付ける数を減らし、各苗が地上および地中でのびのびと生育できるようにする。
・有機物で土を豊かにし、空気を十分に含ませて、作物の根と土壌中の好気性生物の生育を促進する。
・作物の根と土壌微生物の成長に役立つように適切に水を与え、一般的な堪水はしない(嫌気性にしない)。

 これらの原則を実践する灌漑水稲栽培の方法は数多くあるが、典型的には次のようにする。
若い苗を一本ずつ丁寧に、十分に間隔をあけながら、一般的には碁盤目状に植え、稲体と根が十分に伸びることができるようにする。
根と有益な土壌微生物の生育のために十分に水を与えるが、やりすぎてそれらのいずれの呼吸も妨げないようにする。水を与える時期と与えない時期を交互に繰り返す、あるいは少量の水を常時与えることで、適切な状態を維持する。
堆肥、根おおい、その他の有機物質を土にできるだけたくさん与え、「土に栄養を与える」ことによって「作物に栄養を与える」
機械的な方法で雑草の生育を制御するが、雑草は、地表を割って出てくることで根の周辺の通気性を良くすることにおおいに役立つので、この点では雑草を土作りに利用する。
これらを合わせて実践することにより、どのような種類の遺伝子(遺伝子型)からでも、生産性が高く、より健康な作物(表現型)を育てることができる。
SRI農法を用いることで、多くの国の小規模農家が自らの土地、労働力、種子、水、資金で、収穫高と生産性を高め始めている。SRI農法で作られたコメは気候変動による厳しい条件にさらされても回復が速い。だが、このような生産性の向上がどのように達成されたかというと、単純に植物、土、水、栄養の管理の方法を変えただけなのである。
それにより、 50ヵ国以上で、既存の遺伝子のコメから、より生産性が高く回復力がある形質が引き出されてきた。その理由がすべて明らかになっているわけではないが、 文献は次第に増えてきており、SRIによるコメ栽培で収穫高が伸び、作物が健康になる理由は徐々にわかってきている。

SRIの考え方と実践は今や、他の様々な農作物の生産性向上にも広く応用されている。外部からの投入物を少なくして出来高を増やすことは不可能に思われるかもしれないが、それを可能にするのは重点の移行だ。つまり、植物育種によって遺伝子的に植物の潜在力を高めることではなく、作物の生育に最適な環境を与えることを考える。

中略
◆パラダイム・シフトなのか?
哲学的には、SRIは植物主体農業の統合システムとして理解できる。SRIを構成する各活動が目標とするのは、空間、光、空気、水、栄養物など、何であろうと植物が必要とするものを最大限提供することだ。そこで、SRIは私たちに次のような質問を投げかける。「もし、あらゆる点で、植物が成長するのに最善の環境を可能な限り与えられたなら、どれほど良好な結果や相乗効果を目にすることになるだろうか?」
すでに、世界中で約400~500万人の生産者がSRI農法を稲作に用いている。SRI農法の成功の裏には多くの要因がある。SRI農法は高リスクに見えるかもしれないが、実際には作物損失のリスクを下げている。生産者にとっては、なじみがない技術に手を出す必要がない。多くの投入物の費用を削減できる一方で、収穫高が増えるので収入も上がる。最も重要なのは、生産者が自ら、すぐに効果を目にできる点だ。
このプロセスがどこで終わるかは誰にもわからない。SRIのコンセプトと実践は、これまではほとんど常に収穫高の増加につながっているが、その中には他の人たちよりも突出した成果を上げる生産者もいて、その理由は完全には明らかではない。植物のミクロビオーム(微生物群の全ゲノム)が影響していることを示す観察結果も増えているが、栽培環境最適化のこの戦略はまだ緒についたばかりだということ指摘されている。

引用終わり



匿名希望
スポンサーサイト





にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/509-ac151221
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)