FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

次の様な視点も必要では?(再度リ-ダ-像について)

ネットワークが単位集団を従属させる。というイメージは未来(近未来?)社会像としては面白い視点だと思います。

 ただその上でリーダー像に対して、敢えて異(もしくは補足する視点)を付け加えるとすれば、
①ネットワークの代表と単位集団の代表とは、同一人物では本来あり得ない。
 これは単位集団と集団を超えたネットワークとの位相の違いから出てきます。
②当初のネットワーク形成上、武器になるのは、上中町の人と土地柄そのものが持つ 魅力であり、その活力を直接引き出すのは、地元のリーダーである。(ことが望ましい)
③上中町は対外活動に(社会を意識した活動)比較的熱心なムラであり、京都との海産物等を通じての交流の歴史から、閉鎖的な要素が比較的小さい、と判断されます。

 いずれにせよこの議論は、あとは村落内部の活動及び我々を含めてネットワーク(上中町企画のサポーター)そのものが成すべき課題、各々に具体的に触れる中で深めていった方が良いように思います。
 
 とりわけ企画の骨子たる半農定住(拡大すれば農的なものに対する)の需要と成すべき課題をもう少し掘り下げてみるべきではないでしょうか。


北村浩司 
スポンサーサイト





にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/51-be1548ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)