FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

日本の哲人・福岡正信氏の自然農法~人間の科学が不完全で不要なものであることを"何もしない"自然農法で証明

<ポイント>

・「この世には何もない」「人間は何をしようとしても、何もできるものではない」「人知・人為は一切が無用である」・・・大病をきっかけに得られた気付き「一切無用論」「無」の思想が原点
・自然を利用しようという西洋的な思想ではなく、人間は自然の一部であるという東洋的な思想を重んじ、人間の科学が不完全で不要なものであることを、"何もしない"自然農法で証明しようとした
・「食の狂いが体を狂わす。考え方を狂わす。あらゆることに影響する。体の健康も食から来る。そして、体から思想も生まれる」
・「身土不二」・・・「身体(身)と環境(土)とは不可分(不二)である」
・不耕起、無肥料、無農薬、無除草という四大原則に基づく、なるべく人の手をかけない農法

リンク より
********************************

耕さず、肥料も農薬も使わず、除草もしない農法があります。「自然農法」です。

日本の自然農法の大家と言われる福岡正信氏は、約60年間、独自の理論と思想、哲学に基づいた自然農法に取り組んできました。1975年に出版された著書『わら一本の革命』は、英語、フランス語、スペイン語、中国語、ロシア語などに翻訳され、20-30カ国もの国で読まれており、自然農法の実践だけでなく、環境悪化の根本原因を指摘し、人間の生き方までを示すその思想・哲学は世界中の多くの人々に影響を与えてきました。

1913年、愛媛県伊予に生まれた福岡氏は、高等農林学校農業部を卒業後、横浜税関に就職しました。そして25歳の時、転機が訪れます。急性肺炎を患い、入院するのですが、この時の孤独な体験により、退院後も苦しみ、生死について悩み、悶々とした日々を過ごすようになります。そしてある朝、「この世には何もない」「人間は何をしようとしても、何もできるものではない」「人知・人為は一切が無用である」と気づきます。福岡氏の「一切無用論」「無」の思想の誕生でした。
その思想を、自らの実践で証明するため、1937年、郷里の伊予へ帰り、父親の果樹園で百姓生活に入ります。1939年、第二次世界大戦の戦況が厳しくなったころ、高知県農業試験場での勤務を始め、そこで科学農法を指導、研究しながら終戦を迎えます。1947年、伊予に戻り、それ以後、百姓として独自の自然農法を続けてきました。

思想と哲学に基づく自然農法

福岡氏の自然農法は、人間の科学の完全否定から始まります。福岡氏はその著書で「とにかく私は、従来の農業技術を根本的に否定するところから出発しております。これは、私が、科学技術というものを、完全に否定しているということです。今日の科学を支える西洋の哲学の否定にもとづいているわけです」と述べています。
また、「私が考えている自然農法というのは、実をいうと、いわゆる科学農法の一部ではないんだ、と。科学農法の次元からはなれた東洋哲学の立場、あるいは東洋の思想、宗教というものの立場からみた農法を確立しようとしている」とも述べています。自然を利用しようという西洋的な思想ではなく、人間は自然の一部であるという東洋的な思想を重んじ、人間の科学が不完全で不要なものであることを、"何もしない"自然農法で証明しようとしたのです。

著書『自然に還る』では、「食の狂いが体を狂わす。考え方を狂わす。あらゆることに影響する。体の健康も食から来る。そして、体から思想も生まれる」と、人間が生きていくうえで、食を非常に重要なものと位置づけ、食の取り方として「身土不二」という言葉を何度も使っています。身土不二とは、「身体(身)と環境(土)とは不可分(不二)である」という意味で、「人と土は一体であり、暮らす土地でその季節に取れる物を食する事で、体は環境に調和し健康でいられる」というメッセージです。

福岡式自然農法

それでは、化学肥料や農薬を使用しない自然農法は、有機農法なのでしょうか?福岡氏は、人智による科学的農法を否定し、「人為は無用」となるべく人の手をかけない農法を作り上げてきました。有機肥料を施す有機農業は、人間による施肥という行為がなされるので、福岡氏の目指した自然農法の理想とは異なるものと考えられます。
自然農法について、福岡氏は著書の中で、次のように語っています。「健全な稲を作る、肥料がいらないような健全な、しかも肥沃な土を作る、田を鋤かなくても、自然に土が肥えるような方法さえとっておけば、そういうもの(田を鋤く、堆肥や化学肥料をやる、農薬をやること)は必要でなかったんです。あらゆる、一切のことが必要でないというような条件を作る農法。こういう農法を私はずっと追求しつづけてきたわけです。そして、この三十年かかって、やっと、何もしないで作る米作り、麦作りができて、しかも、収量が、一般の科学農法に比べて、少しも遜色がない、ということころまで来た」。

<略>

福岡式自然農法には、不耕起、無肥料、無農薬、無除草という四大原則があります。不耕起とは耕さないことで、農家の常識では理解しがたい事のようですが、松本氏は「耕した土は乾燥しやすい」と言います。また、有機肥料を含め堆肥をやると、作物を過保護にしてしまいます。無肥料にすることで、強靭な作物ができ、味も濃くなることを実感しているそうです。無除草に関しては、雑草を根から抜くのではなく花の咲く頃を見計らって刈るそうです。そして刈った雑草はそのままその場所に倒しておくと、夏は保湿、冬は保温の役割をしてくれ、腐って肥料にもなります。
また、水も極力やりません。水をやらないと、根が水をもとめ、地中深く根を張っていきます。ところが水をやると植物は簡単に水を手に入れることができ、根は浅くしか張らない、弱い作物になってしまうそうです。
種まきの際には、さまざまな種をまぜて、バラバラに蒔きます。そうすると、その場所と相性のよい作物が出芽します。そのため、どこに何が生えてくるか、まったくわかりません。福岡式自然農法は、傍から見れば、植物が乱雑に植わって、ほったらかしの状態に見えます。見方によっては荒れ放題の畑のように見えるので、隣接する農家や近所の人は嫌がるそうです。野菜が整然と並んだ畑が常識の日本では、なかなか周囲に理解されにくい農法なのかもしれません。

<略>

近年、石油の需要が大きく伸び、その利権をめぐって世界中で紛争が絶えません。化学農法で使用する肥料や農薬は石油が原料ですし、耕耘機を動かす燃料も石油です。石油問題はエネルギーだけでなく、肥料や農薬に頼っている化学農法にとっても危機となります。しかし、自然農法は、耕耘機などの機械も、肥料や農薬も使用しません。石油を必要としない農法なのです。まさに持続可能な農法といえるのではないでしょうか。

********************************
以上



スポンサーサイト





にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/533-3f3372c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)