FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

上中企画の需要を分析してみました。-まずは貸し農園需要から②-


これらの貸し農園は、殆どのところが一家族3坪程度です。(世話をするとすればこの当りがせいぜいであるため)借地代は地域や設備によって様々ですが、安いところで年5000円から、平均的には3万円程度でしょうか。なお面倒を見るとすれば、指導員1人当り50家族程度が限界といわれています。

 このタイプの事業を行う場合は、上中町の場合だと小浜市や敦賀市近辺が、需要の対象になるでしょう。
 これらの地域は、工業・商業地域ですが、農地も広がっており、非地元出身者が対象になります。指導員(世話役)になる作目知識のある協力者やボランティアがおられるのであれば、周辺の市民農園など需要の可能性を探ってみてはいかがでしょうか。

 もう一つの貸し農園のタイプとして、元々ペンション等を経営していたところが転換して、周辺に農地を備えて、宿泊施設付貸し農園というスタイルを取っているところもあります。この方式は遠方の需要を吸引できます。(どちらかといえば週末農業、田舎暮らしの需要です。例えば長野だと東京からの利用者も多い様です。)この方式の場合場合、やや高いところだと30万から50万位の会員費を取っています。
 上中町はどちらかといえば中山間地に当るため、こちらを基本にした企画の方が、現実的かもしれません。
 その場合新しく施設を作ればペイしないため、田舎の旧民家の空家等が活用できれば、事業化の可能性はあるのではないかと思います。
北村浩司
スポンサーサイト





にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/54-58e78fe3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)