FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

「お菓子」だけじゃない 多様化するオフィスの「置き食品」=「置き野菜」☆

ヤフーニュース (リンクで農家とオフィスを直接つなげる仕組みを見つけました。

近年、オフィスの置き菓子が流行っていると知ってはいましたが、先端では、「置き食品」=野菜をオフィスに置くという商売ができたらしいです!!

確かに、会社で小腹がすいた時、お菓子を食べることもありますが、直売所で買ってきた、きゅうりに味噌をつけて食べてみたり朝取れコーンをゆでて食べてみたりして新鮮なお野菜を日々楽しんでいます。

会社には、オフィスに冷蔵庫があるので、置き野菜が可能☆
ですが、今のところ冷蔵庫のない会社も多いので、冷蔵庫ごと置いて週1回か2回補充しに来る仕組みのようです!!オフィスで置き野菜って十分ありうると感じました。



■オフィスで野菜
 ベンチャー企業「KOMPEITO」(東京)は、オフィスに小型冷蔵庫を置いてパック詰めの野菜を取り出せるOFFICE DE YASAI(オフィスで野菜)を4月から正式に始めました。現在首都圏で約120社が導入しているといいます。農薬・化学肥料の使用を抑えて栽培した野菜を契約農家から仕入れ、週1回商品を補充。ミニトマトやキュウリなどのほか、4種類の野菜が入ったパック、ブルーベリーやミニマンゴーなどのフルーツも提供しています。価格は1パック100円から300円。農家側も規格外品として廃棄処分にされがちだった小さいサイズの野菜を直接販売できるメリットがあるといいます。

 昼食時の弁当のもう一品や残業時に軽く食べるといった用途のほか、朝ご飯代わり、ミーティング時に社員同士でつまみあうという食べ方も少なくないとのこと。同社の川岸亮造社長は「以前から農家と消費者を直結するにはどうしたらよいかを考えていた。夏場は鮮度の問題もあり、今後は週二回の補充を目指したい」と話し、年内に1000カ所の展開を目標にしています。


■ベンチャー企業「KOMPEITO」(東京)リンク(HPを調べてみると)
□OFFICE DE YASAI とは…
★ハンディサイズなので、
オフィスで働く人に不足しがちな栄養素を、
その場でお手軽に補給できます 

朝ごはんの代わりに…
ランチに一品野菜を加えて…
おやつの代わりに…
打ち合わせ時のリフレッシュアイテムとして…


★評判の高い生産者が作った、安全でおいしい、
こだわり野菜を、厳選してお届けします
農薬・化学肥料の使用を抑えて栽培した安全な野菜です
おいしさの何よりの理由は「新鮮さ」。生産者から直送するため、
新鮮な状態でお召し上がりいただけます。
===================

週1回の補充で野菜がより身近になる人が多そう!、置き菓子の代わりにというのも体によさそうな、農家とオフィスを直接つなげる仕組みだと感じました。



石川笑美
スポンサーサイト





にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/546-81bd73e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)