FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

「塩は血圧を上げる」という妄説・・・・ここでも恣意的な実験が・・・


塩(自然塩)は血液を上げるどころか、下げるようです。精製塩は上げるようですが。しかも“血圧をあげる”を実証するために、大量の塩をマウスにあたえていた。

「塩は血圧を上げる」という妄説(『正食と人体』からの抜粋)リンク
//////////////////////////////////////////////////////////////
 塩兵衛の独り言:塩は本当に血圧を上げるのでしょうか?私は血圧が少し高く、医者に見てもらったが、とりあえずは減塩しましょうとのことでした。これを聞いて、もう一度『正食と人体』を勉強しなおそうと思いました。

『正食と人体から』よりの抜粋
高血圧と塩分の関係を最初に論じたのは、1904年、アメリカのホンジャド博士の「高血圧に減塩療法を行って効果があった」というレポートだといわれているが、これは、あまり問題にされなかった。

 戦後、アメリ力のダール博士による日本の都道府県別食塩摂取量と高血圧の発生率を調べた結果、「高血圧は塩分のとり過ぎが原因」という、早とちりであった。

 ところが、後にもっと詳しく部落別に分けて調べたところ、塩分摂取量が多くても高血庄にならない部落が多く存在するとともに、塩分摂取量が少ない部落でも高血圧部落が多いことがわかった。

 食物との関係を調べ直した結果、白米食が高血圧の犯人だということがわかったが、既存の説を覆すことはできなかった。先人観念のなせる業だろうか。

 最も有名なのは、1953年、アメリ力のメーネリ博士の行った実験である。実験用のネズミ10匹に、通常の20倍の食塩を加えたものを食べさせ、ノドが渇いて飲む水は1%の食塩を加えたものとした。

 六か月後に、十匹のうち四匹が高血圧になっていた。この実験は大きな反響を呼び起こし、塩は高血圧の原因として敬遠されるようになったのである。一犬が虚にほえて万犬がそれを伝えたのだ。

 何と妙な話ではないか。血圧の上がった四匹のことだけが問題視され、血圧の上がらなかった六匹はまったく無視されてしまったのである。

 こうした細工が、どこで行われたか知らないが、そのために「塩をとると血圧が上がる」ということになってしまったのである。インチキ極まる話ではないか。

 これとは別に、私には実験そのものに、いろいろな疑問が生まれてくるのである。
通常の二十倍の塩というのを、人間に当てはめてみると、一日10gが通常だとしても、その二十倍だから、200gということになる。

 こんなに多量の塩分を、六か月どころか一日でもとれるものではない。もしも一日100gずつ二日もとれば、三日目には欲にも得にも体が受けつけない。無理にとれば吐いてしまう。

 これは、後述する私の塩の過剰摂取の人体実験からして間違いない。生物体とはこういうものである。神の与えたもうた自然治癒力は身体防衛力を持っており、こんなべラぼうなことを絶対に受けつけないからだ。

 だから、この実験にはどこかに何かのウソかカラクリがある。
もしも、これが本当ならば、ネズミは人間とは違った生埋を持っていることになる。すると、こうしたネズミを実験に使っても、人間には適用できないということになってしまう。
このパラドックスを、どう解けというのだろうか。

塩兵衛(独り言):上記の件は、追試していません。調べて同じような論文をみつけましたら、記載いたします。

 私の行った多くの実験では、自然塩をとると、血庄は見事に、しかも急速に下がってゆく。例外は一つもない。 自然塩は高血庄を下げるだけでなく、低血庄は上昇して正常血庄になる。

 この、一見不可解な現象も、人体生埋を理解していれば不可解でも何でもなく、当たり前のことなのである。

 ところが、精製塩(塩化ナトリウムの純度が99.5%のもので、食卓塩がこれである)をとると血圧が上がる。多くの人が体験していることである。

 これは、精製塩というのは食物ではなくて有害な“薬品”だということである。

 人間が普通とっている食物には、純粋なものは一つもない。こうした食物に順応してできている体には、自然界にない純粋な物質をとっても、体にはそれに順応する力がない。さまざまな副作用が起こる。その一つが高血圧である。精製塩は毒物なのである。

//////////////////////////////////////////////////////////////
(引用以上)



匿名希望
スポンサーサイト





にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/550-1c587ff4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)