FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

地方自治体再生~“グルメ戦略”で地域おこし:島根県巴南町役場職員:寺本秀仁氏~

プロフェッショナル仕事の流儀で、町おこしを手掛けている島根県 巴南町役場の職員:寺本秀仁氏が紹介されていた。寺本氏が町おこしに携わるようになったのは、役場に入ってから10年目の“平成の大合併”で生まれ故郷が“消滅”したことが契機になった。元々公務員=安定という意識だったのが、町の将来はどうなるのか?自身の生活はどうなるのか?という危機感を持ち、様々な町おこしの取組みを実践し、過疎で苦しんでいた町が年々人口が増えることに成功し、今では地方創生のトップランナーとして、全国から注目を集めている。

プロフェッショナル仕事の流儀リンクより
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
○地域の誇りを、育む
地方創生のトップランナーとして、全国から注目を集める町役場の職員、寺本。徹底した“グルメ戦略”の地域おこしを実践し、過疎の町はいま“食の町”として、全国からの観光客でにぎわう。徹底的に味にこだわった地産地消の高級イタリアン。一流シェフたちが地域の人に調理技術を指導する“食の学校”。さらに、寺本が企画した数々の事業に集まるのは、観光客だけではない。地方で“食”と向き合いたいと、全国から移住者も殺到する。
そんな寺本の町おこしの根底を支える信念が、“地域の誇りを育む”ことだ。「一番おいしいものは地方にあって、おいしいものを作る人間は地方にいる。だからこそ、地方の人間は輝いているという誇りをもって僕は生きている。」と語る。
町に生きることへの誇り、地域資源への誇り、その思いが無ければ地域おこしはなしえないと、寺本は考える。

○素早く動き、熱を冷まさない
寺本が、高級イタリアンを立ち上げた際、多くの人が「どうせ、はやらない」と口をそろえた。しかし、今では町が誇る観光スポットに。前例のない事業を次々と成功させ、結果を出し続ける寺本。事業を軌道に乗せるその秘けつは、“スピード感”だ。
地元で果樹園を営む女性が、サクランボの販売戦略について寺本にヒントを求めた際にも、寺本は悩まない。悩む前に、動くのだ。すぐさま女性を連れて、現場を回り、解決策を探る。その一週間後には、遠く山形から名シェフを呼び寄せ、サクランボを使ったPRのための新メニューを完成させた。「事業の構想は、時間をかけて作るものではない。相手と常にキャッチボールしながら、出来るだけ早く結果を返すこと。そのやり取りを繰り返すことが、成功への道」という寺本。スピード感を持って仕事をし、関わる人たちの熱を冷まさないこと。それが寺本の町おこしの流儀だ。

○答えは、地域にある
寺本のもとには、“食”や“地域おこし”に携わる仕事をしたいとたくさんの移住者がやってくる。そんな寺本が、移住者たちによく語りかける言葉に、「地域を見ろ」がある。町おこしは、自分本位ではあってはならない。必ず地域の人の声に耳を傾けること。そこに寺本の地域おこしの原点がある。
寺本が町おこしに携わるようになったのは、役場に入ってから10年目。“平成の大合併”で、生まれ故郷が“消滅”した。町の将来はどうなるのか?危機感を抱いた寺本は、町の経済を持続させようと当時はやっていたネット通販に挑んだ。しかし、オープンから4か月たっても成果はなく、さんたんたる結果。「今まで10年間、俺は役場で何をしていたのか。地域のことについて何も知らない、自分が恥ずかしい。」自分の実力の無さに、ぼう然となった。何の手だてもない寺本は、地域を周ることしかできなかった。しかし、そこで気付く。地域にはたくさんのアイデアやヒントが転がっていると。答えは、地域にある。寺本が公務員という仕事を全うする上で、大事にする流儀だ。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□




蔵端敏博
スポンサーサイト





にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/582-83a96cac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)