FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

【トップランナー】週末に開墾 若者ひきつける「ボランティアの旅」-都市と農村をつないで農村が救われた

限界集落を都心のボランティアを活用して再生させた、農業再生の第一人者がいる。

NPO法人「えがおつなげて」(山梨県北杜市)の代表、曽根原久司氏は若い世代の農業ブームを支えている。

若い世代の農業ブームを焚き付け、数百人以上のボランティアを山梨招き、耕作放棄地を再生させた。

都市には農業をしたくとも農場がない、農村には農業をしたくても人がいない。両者のニーズをつなぐことで曽根氏は農業を再生させた。

都市だけでも、農村だけでも解決できない問題を両者をつなぐことで解決できるかだいはまだあるかもしれない。


_______________________________


週末に開墾 若者ひきつける「ボランティアの旅」
リンク


荒れた農地を掘り起こして、再び命を生む畑に――。NPO法人「えがおつなげて」(山梨県北杜市)の代表、曽根原久司さんは若い世代の農業ブームを支える第一人者だ。1995年に東京から移住して以来、ボランティアを受け入れて地域の再生に取り組んできた。曽根原さんを慕って北杜市を繰り返し訪れる若者も多い。再生した農地をたずねた。

■力を合わせて木の根を抜く
農村ボランティアの様子
新宿駅から高速バスで2時間ほど。山梨県北西部に位置する北杜市・須玉からさらに車で30分ほど坂を上る。標高約1100メートル。八ケ岳や駒ケ岳をはじめ、南アルプスのふもとに位置する自然ゆたかなエリアに「えがおつなげて」が管理する農場がある。

山あいの集落にはちょうど稲刈りが終盤を迎えた田畑と、多くの家屋が見えるが、人気は少ない。曽根原さんによると、このあたりの集落は、半分以上が空き家となった限界集落。花豆やトマト、ナスなどが育った畑のほとんどは、耕作放棄地を開墾し生まれ変わったものだ。


畑には毎週末のように、若者たちが開墾を楽しむ姿が見られる。何度も繰り返し、リピーターになって来る人もいれば、企業が研修として設けるプログラムで来る人もいる。週末だけでなく、何日にもわたって滞在し、作業をしていく人もいる。時期に応じて作業は様々。季節ごとの野菜の収穫、草刈り、稲刈り、そして農地の開墾だ。体験は基本的に無料だが、曽根原さんは「しっかり働いてもらいます」と強調する。

例えば「草刈り」といっても生易しいものではない。何年も放置された耕作放棄地に茂った木々の根を抜く作業は、童話の「大きなカブ」のようだ。何人もの大人が全員で引っこ抜く「バッコン(抜根)ジャンプ」という技を名付ける人が現れるなど、アトラクション気分で楽しめるという。

《中略》


■11月は開墾のベストシーズン


周囲は秩父多摩甲斐国立公園。紅葉の時期は観光客も訪れる
95年の移住以来、曽根原さんらは約6ヘクタール、東京ドーム約1.3個分の広さの耕作放棄地を田畑として生まれ変わらせた。この担い手が、主に都会から訪れる年間数百人以上の若いボランティアたちだ。「開墾を体験してみたい、という思いがあってもどこにいけばいいのかわからない、という人がかなりいたように思います」。今ではこの事業に賛同し、企業も研修などの目的で若者たちを送り込み、それぞれの「農場」を作るまでになった。

11月もすでに毎週末、企業の研修やボランティアの予約が入っているという。「稲刈りも終わる11月は、開墾にもっとも適した季節なんです」(曽根原さん)。農村ボランティアの受け入れは、主に4月から11月までだ。12月から3月までの冬の時期、北杜市の気温はマイナス20度という厳しい寒さのためだ。

「荒れた土地を耕すのはとても楽しいですよ。野菜の収穫なら、誰が一番採れたかだったり、木の根の抜根であればチームで競争したり。ただ一人だと孤独なので、友人同士の参加を勧めますね」と曽根原さん。参加者は事前にウェブサイトや電話で問い合わせて、空き状況や人数に対応したプログラムを用意してもらう。

■労働のあとは温泉と山の幸

土と泥にまみれたあとは、ひと風呂浴びたいもの。「えがおつなげて」が管理する農地の付近には、戦国時代の武将、武田信玄が発見したといわれるラジウム温泉「増富ラジウム温泉郷」がある。多くのボランティアスタッフは、原生林のなかにある日帰りの温浴施設「増富の湯」などで疲れを癒やす。

温泉郷には古くからの宿があるが、曽根原さんのオススメはみずがきの宿「五郎舎」だ。近くの渓流で捕れたヤマナの刺し身や、秋にはマツタケを使った料理などが振る舞われて、1泊2食つきで7300円(11月から3月は7500円)で宿泊できる。いろりのある古民家風の建物で、季節の食材を味わえる。

曽根原さんの活動は北杜市をこえ、日本全国に広がり始めた。ヒマワリの観光で有名な北海道北竜町では、ヒマワリの種を植えるボランティアの受け入れも始めているという。曽根原さんが支援する三重県や滋賀県でも、北杜市につながるような耕作放棄地の再生が始まった。曽根原さんらが活動する「えがおつなげて」に参加したスタッフたちのなかには、北杜市の自然にひかれ移住し、独立して農業を始めた人も多い。

「何より、農村が生まれ変わるのが楽しいからだと思いますよ」。ぜひ一度「農村ボランティア」の楽しさを味わってみてほしい。

以上




黒湯温泉
スポンサーサイト





にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/589-aa8d3849
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)