FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

「世界一スタイリッシュなファーマー!」 スーツ姿で農業する日本人男性

リンクより引用


パリッとスーツを着用しながら"農業"をする日本人男性に、海外からも注目が集まっている。


山形県東置賜郡川西町で農業を営む「スーツ農家齋藤君」(リンク)こと齋藤聖人さんは、スーツを着て農作業を行うファーマー。トラクターを運転するときも、田んぼのぬかるみで作業するときも、常にシャツ、ネクタイ、スーツという服装で行うという。


彼は、江戸中期から続く200年以上の歴史を持つ農家の16代目。10代の頃は退屈に思えて都会で過ごしたが、数年後に結婚したのがきっかけとなり、実家の<家福来ファーム>で就農することを決心したそうだ。その際に、「農業のイメージを変えたい」という思いから、スーツで農業をするというスタイルを始めることに。


このアイデアは、ある日兄弟で飲んでいるときに彼の兄が「スーツを着て農業をする」という冗談を言ったことがきっかけだったとか。彼は日本の農業のイメージを変える良いアイデアだと思い、自ら実践することに。「キツイ、汚い、儲からない、地味」という日本の農業のマイナスイメージをなくし、自分も楽しみ、大勢の人が農業に興味を持つことで農業が盛り上がってほしい、そして「『なんか農業って面白そうだな、なんかやってみたいな』と思ってもらいたい」と願っているそうだ。


もちろん最初はスーツ農業は周囲から理解されず、逆に「農業をなめているのか?」と思われたらしい。祖父はスーツで作業することを危険だと考え、父親も初めこそ混乱したものの、何も言わなかったという。

しかし現在では、国内外から取材を受けるほど注目される存在に。そのユニークな農業スタイルを楽しみながら応援してくれる人も増え、斎藤さんは今後もスーツ農業を頑張っていく予定だ。

オランダの<Zoomin TV>の取材映像では、海外の「世界一スタイリッシュ」「ベストドレッサー」なファーマー(農業従事者)と紹介されており、海外のネットユーザーからは「あなたのスタイルをリスペクトする!」「農業は尊敬できる職業だ」などと応援コメントも寄せられている。



匿名希望
スポンサーサイト





にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/607-a55fec3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)