FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

野菜本来の力を引き出す永田農法

永田農法は、それぞれの野菜や果物の原産地に近い環境をつくり限界まで水やりを控えて野菜を育てます。
別名「スパルタ農法」ともいわれています。

ほぼ日刊イトイ新聞より以下引用です
リンク
今から50年以上前、熊本県の天草でミカン農園を継いだ若き日の永田照喜治さんは、平地で育ったミカンよりも岩山で育ったミカンのほうが甘くておいしいことに気づきました。
 
農業に関しては素人同然だった永田青年でしたが、このことをヒントに、先祖代々受け継いできた田畑を売り払い、 周囲の人に驚かれながら岩山を購入して、そこにミカンを植えました。

岩山のミカン栽培で、試行錯誤をくり返すうちに永田青年は、 九州大学の福島栄二教授と出会いました。当時、砂栽培を研究していた福島教授は天草の岩山でミカンを栽培する永田青年に興味をもち、 当時、開発されたばかりの「窒素」「リン酸」「カリウム」という野菜が必要とする三要素からなる液体肥料の存在を永田先生に知らせました。

「岩山栽培と液体肥料」という組み合わせで始まった栽培方法。
改善を重ねていくうちにさらに甘いミカンがそれまでの3倍のスピードで
成長することになったのです。

こうして生まれた栽培方法を他の野菜にも応用して完成したのが永田農法です。

岩山でいろんな果物や野菜の栽培をつづけるうち、たまたまめくった週刊誌のグラビア特集を見て、 永田さんは、とても驚きました。
そこには、原産地のアンデスで、 岩だらけの乾いた土地で育つトマトの写真が載っていたのです。
岩山での栽培は、知らず知らずのうちに原産地の環境をつくりあげて育てることに つながっていました。
このことから、永田農法は、 「ルーツ農法」とも呼ばれることになったのです。
 
永田農法のタマネギは、まるでナシやリンゴを思わせる食感と香りで、 子どもたちが生のままでも、 抵抗なくかぶりつけるほどの甘さです。
エグミや苦みが少ないのも永田農法でつくられた野菜の特徴です。
そのおいしさの秘密は、 野菜の糖度にあります。

糖度とは、 野菜に含まれる糖分が全体の重さの何パーセントかを示す値です。
一般のトマトの糖度が4~5パーセントであるのに対し、 永田農法のトマトは、時期や産地によって違いはありますが、 平均でも6~12パーセントという高い数値を はじき出します。
タマネギであれば、 一般のタマネギの糖度が6~7パーセントであるのに対し、永田農法のタマネギは10パーセントを超えることも珍しくありません。
この「糖度の高さ」が永田農法で育った野菜のうまみの秘密です。

永田農法で育った野菜は糖度が高いだけでなく、ビタミン、ミネラルも豊富に含みます。
(たとえば、一般のトマトの100グラム中のビタミンCの含有量は約20mg、
 永田農法のトマトは約687.5mgです。
 ブロッコリーでは、通常では約160mgであるのに対し、永田農法では約1296.9mgと、高い数値になります。国立栄養研究所・加賀チーム調べ)
うまみだけでなく、 毎日の食生活を考える上でも永田農法は、興味深い栽培法として注目を集めています。

永田農法の野菜はうまみが強いので、 「甘いトマトを薄く切ってバジルを添える」 「タマネギのスライスにかつお節をあえてお醤油をひとさし」
など、 野菜をメインにしたメニューを考えることが とても簡単になりそうです。
 
永田農法の野菜は、なぜおいしいのでしょうか。
おもにトマトを例にとって、永田農法のおいしさの秘密をお伝えします。

水やりをギリギリまで控えて永田農法で育てたトマトは、空気中の水分を吸収しようと、茎の表面に、産毛を生やします。香りも高く、トマト畑に近づいただけで、香ばしさを感じるほどなんです。
昔のトマト畑はこんな匂いがしたなぁ、と懐かしく感じる方も、いらっしゃるかもしれません。

永田農法でトマトを育てると、その形さえ、変わることがあります。
はちきれそうなほどゴツゴツとした皮を見ると、 一般的なトマトとの違いがはっきりとわかります。また、断面のようすも違います。
水と肥料を抑えてつくられた永田野菜は、 肉がびっしり詰まっていて、
内部に空洞がありません。

さらに、永田農法で育てたトマトを水槽に入れてみると一般的なトマトが水面に浮かんでいくのに対し、 永田農法で育てたトマトは、底に沈んでしまいます。

引用終わり





志水満 
スポンサーサイト


にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/613-816a9e38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad