FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

直売所が生きていくためには?

前々から農家は作物生産だけでは生計は立てれない、と言われている。だかと言って、生産しながら販路を探すのは厳しいし、時間も取れない。

そんなときのために直売所があるんだと気づいた。

農家の代わりに直売所で野菜を売る。
だから農家と同じくらいの熱量で売り場に立つ必要があるし、直売所も客がいなければ意味がないので、消費者と同じくらいの目線と感覚で農家に結果を還元する必要がある。

だが、その前にそもそも農家に出してもらえる直売所であること、客が求められている物がなければ客は来ない。
売上が安定していること、さらには増加していること、固定客や期待している客をどれだけ呼び込めるか、つかめるかが勝負。

売れる直売所、生きていける直売所には、農家の期待と消費者の期待の熱量を高めていきたい。

直売所だけの売上を上げるためだけの戦略ではなく、農家が生きるためには?消費者の欠乏を捕らえるにはどうする?を軸に経営を考えていく必要がありそう。



匿名希望
スポンサーサイト





にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/655-c1c836ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)