FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

食・職を繋げる~ホームレス農園というカタチ~

災害が続き、人々の“自給意識”が日に日に高まりを見せており、農業や漁業・林業といった産業に注目が集まっている。
そんな中で、ある女性起業家が始めた農園が人気を博している。
通称「ホームレス農園」。
農業という自然の外圧に対峙し、生産を行う仕事を通して、社会復帰を目指す若者の人材育成をしている。

自然の外圧に向き合うことが、人間本来の集団性、関係力や追求力を育むようです。

以下、リンクより
================================================================
>SFCのある神奈川県藤沢市に出てきて、だいぶ環境は変わりましたか?

小島:そうですね。都市部で暮らすのは初めてでしたから、いろいろ驚くことはありました。大学の友達に訛っていることを指摘され、「そうか。自分の話している言葉は方言だったのか」とはじめて気がついたり(笑)。あとは水の違いですかね。熊本県では水道水に地下水が使われていますので、なかなか神奈川の水に慣れませんでした。でも、一番驚いたのは横浜駅の周辺で人が寝ているという光景を目にしたことでした。人が段ボールなどを敷いて外で寝ているのに、誰も関心を持とうとせず、まるで見えないかのように通り過ぎていく。こんなことは自分の育った農村地帯ではあり得ないことでしたので、衝撃を受けました。
いわゆる「ホームレス」の方たちですね。

小島:友達に「なんでホームレスの人たちがいるの?」と質問してみたところ、「資本主義社会の闇だ」「会社が倒産してやむを得ず家を失った」と説明する人もいれば、「怠けていたからホームレスになった」と説明する人もいる。本当の答えを知りたいと思ってホームレスの方に話しかけてみると、働きたいのに働けない人が多いことがわかりました。というのも、ホームレスの方は履歴書や住所に電話番号を書けないので、就職の面接を受けることができないのです。支援団体に住所を借りて就職しても、それがバレると次の契約時に更新してくれない、という声も聞かれました。しかし、働きたい意欲を持っている方はとても多い。
友達が言うように「怠けている」わけではなかったと。

小島:ホームレスの方って、よくよく聞いてみると1日8時間くらい働いている方もいるのです。道で本を売っていたり、空き缶を拾って売ったり。時給に換算すると100円以下になってしまいますが。もう一度社会に戻りたいと思っているのだけれど、チャンスがなくて路上生活をせざるを得ない方がたくさんいる。一方で、農村では人手が足りなかったり、後継者がいなくて悩んでいたりする農家の方が多いのです。この2つをつなげたら双方がハッピーになると思ってはじめたのが、路上生活者や生活保護受給者と農家を結ぶ取り組みだったのです。

>農業の可能性はまだまだありそうですね。

小島:そうですね。農業はみくびられているけれど、いろんな可能性があるのです。食料を生産する場でもあるし、雇用の場でもある。教育の場にもなるし、福祉の場にもなる。でも現状では学校を出て就職する際に、「農業」という選択肢を選ぶ人は、実家が農業の人以外はほとんどいないですよね。ハローワークの職業訓練スクールでもデスクワーク系の講座はたくさんありますが、農業を教える講座はありません。たとえば50歳を過ぎて職を失っていた肉体労働者がいたとして、その方にパソコンの操作を教えるよりも農業を教えたほうがキャリアを生かせるかもしれません。私たちも精一杯頑張りますが、国ももっと農家に就職する間口を労働者に広げる取り組みをしてもよいのでは、と思っています。
福祉への活用とは具体的にどのような取り組みが考えられますか?

小島:企業の福利厚生として、農業体験を使っていただくこともできると思っています。自然と触れ合うことでストレス解消にもなりますし、生命の素晴らしさに気付くことで自分と見つめ合う機会にもなります。実際、ホームレスの就農支援でも農業日誌(ワークノート)を書いてもらい、「仕事とは何か?」「社会における自分の役割とは何か?」と考えてもらったり、ペアワークを通して自分の長所に気付いてもらったりする取り組みを実施しています。反抗期の中学生が体験農園に来たことがあって、「農業を体験して以来、物を壊さなくなった」と学校の先生から言われたこともあります。ほかにも潔癖性の方が土に触れることができるようになったり。農業にはまだまだ可能性がたくさんあると思います。

>それを身につけることができるのが農業だということですね。

小島:はい。農業を通して自然と接していると、価値観を揺るがすような出来事が年に何度か起きるのですよ。たとえば農薬を使わなくても野菜本体が虫に食べられることはあまりなく、あっても1割程度。しかし、この1割を食べられないために農薬をまいたら、生態系のバランスが崩れて他の虫が発生することがある。あとは、鳥はとても賢くて、大豆を畑に撒いているときは、仲間を呼びながら上空で飛び続けているのですね。でも人間が車に乗って帰ろうとした瞬間、畑に降りてきて大豆を食べ始めるのです。隠して撒いてもダメ、何をやってもバレてしまう。「人間って馬鹿だな」と密かに思っているかもしれません。さらに、雑草も適当に生えているのかと思いきや、よくよく観察してみると同じ土質に同じ雑草が咲いていることがわかる。雑草にも好みや棲み分けがあるのです。このような発見に日々触れていると、「生きていることそれ自体が素晴らしいのだ」という事実を実感することができるようになります。



望月宏洋
スポンサーサイト





にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/667-7b5ed896
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)