FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

消費者とのコミニケ―ションを求め「フリマ」を通じた販路=直接取引を拡げる農家

フリマ=フリーマーケットは、EC普及に伴い、アプリを介して取引が拡大している。
フリマ商品と言えば、雑貨や衣服といったものがすぐ思い浮かぶが、近年「農産物」の取引が急拡大している。

「メルカリ」が最大手だが、フォロワー数トップは“農家”(2018年7月メルカリ調べ)。
そして、農産物取引を主とした「ラクマ(楽天)」では、1年で農産物取引が6倍に拡大。

「ラクマ」では、農業女子プロジェクトメンバーが販売する農産物だけでなく、就農のきっかけや栽培のこだわりなど、生産者の顔や農業にまつわるストーリーが見える点がウリである。また、米や果物、野菜だけでなく、六次産業化にまつわる加工品の販売も行っている。

零細農家は高齢化による担い手不足が深刻で、法人組織の経営体が増えているのも事実。
しかし個人の農家だからこそ、大規模販売ではできない、フリマを通じて消費者との深いコミニケーションが可能になる。

以下(リンク)引用
==========

2018年7月にメルカリが発表した調査によれば、メルカリ内でもっともフォロワー数が多いのは農産物の販売者だという。佐賀県武雄意市の「ミヤハラ農園」さんだ。発芽にんにく「スプラウトにんにく鉄子」を栽培し、農産物の委託販売も請け負っている。

農協で取扱のない野菜や認知度の低い農作物でも、消費者へダイレクトにアピールできるからと「メルカリ」内にあるライブコマース機能「メルカリチャンネル」をご利用いただき、現在フォロワー数約6,000人とメルカリ内で1番多くフォローされる人気の出品者さまになります。
(出典:メルカリプレスリリースより)

消費者の安心・安全意識が高くなり「顔が見える農産物」へのニーズは高まっている。そして直接取引により、安く買えるという点も、消費者にとっても大きなメリットだ。

そしてこの消費者ニーズに、農業は活路を見出すべきではないか。

零細農家は高齢化による担い手不足が深刻で、法人組織の経営体が増えているのも事実。しかし個人の農家だからこそ、大規模販売ではできないような、消費者との深いコミニケーションが可能になるのだ。

またそもそもフリマアプリの使い方すら知らない高齢農家や農村のために、誰がどう支援を行うかは課題だ。自治体だけでなく、農業系スタートアップなどの動きにも期待したい。

==========
引用終了




森敏幸 
スポンサーサイト





にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/669-bc2072a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)