FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

本当?農業が若者の間でブームになっている!(1)

リンクより引用します。
********************************
新規就農者の数が少なく、減少に歯止めのかからない農業就業人口。しかし、実は農業が若者の間のブームになっています。農業を志す若者が増えている理由は複数ありますが、ブームは必ず終わりがくるものです。どうすれば一過性のブームで終わらせることなく、若い世代の新規就農者を増やしていくことができるのでしょうか?

今回は農業が若者の間でブームになっている理由を検証し、日本の農業を活性化させていくために大切なことを考えていきます。

■農業の良いイメージってどんなの?
キツイ、汚いなど、ひと昔前はネガティブなイメージで語られることの多かった農業。現在、ポジティブなイメージとして農業はどのように捉えられているのでしょうか?

自然と寄り添う姿が見えてきた!農業は安全で穏やかなイメージ
【質問】
農業に対して抱く良い面でのイメージを教えてください。
【回答結果】
フリー回答

調査地域:全国
調査対象:年齢不問・男女
調査期間:2017年08月02日~2017年08月09日
有効回答数:100サンプル

自分が育てた野菜だと安心して食べられそう、子供がいたら野菜の育つ過程や収穫を体験させてあげられて良さそう。(30代/専業主婦(主夫)/女性)
野菜や米づくりを通して環境保護に貢献することができることがとても良いと思います。(30代/専業主婦(主夫)/女性)

「自給自足」することで外国に頼らずに生活できること。「地産地消」することで安心して地元の野菜を口にしたり地域にお金が回ることで活性化が望めたりすること。(30代/正社員/男性)
自然に囲まれ、満員電車通勤などの煩わしいことがなく、穏やかに過ごせそうなイメージがあります。おいしい収穫物が食べられそうです。(30代/専業主婦(主夫)/女性)

田舎。穏やか。自然と生きる。スローライフ。どんなに産業が発達しても最終的には第一次産業が勝利すると思う。ただ作る才能と商売をして稼ぐ才能は別なので、そのへんの仕組みを整えて流行りのロボット導入で人件費が抑えられたら将来的には大きな可能性があると思います。(30代/正社員/女性)
アンケートの結果から、多くの人が農業は自然と共存するための生き方だと捉えているようです。ストレスの多い都心の生活から離れて、人として従来の生き方ができるというのが現代の農業像であることがわかりました。

■農業がブームになっているのは本当?
食への安全性や働き方の変化により、農業に対しての考え方が従来とは変わってきています。特に若者の間では農業に対して良いイメージを抱くケースも多く、農業に興味を持つ若者が増えています。
農業に対してポジティブなイメージを持つようになった要因として考えられるのは、一定数の若者の間にスローライフという考え方が浸透してきたことにあります。スローライフは、バブル時代に幅を利かせていた大量生産・大量消費の考え方に対抗するようにして2000年代に登場しました。地域の食を大切にする地産地消や、人間らしい生活を取り戻すための生活を大切にする考え方で、過疎化が深刻な村々を活性化させるために地方に戻る若者も増加しています。

これに付随して職業としての農業を考える人が多く、若者の間で農業がブームになっている原因もここにあるようです。子どもには安全でおいしい野菜を食べさせたい、ギスギスした都心ではなく自然の中でのびのびと子どもを育てたいなどと考える若い親も多いです。地方へ移住するとなると大変なのは職探しですが、家族を養うためのひとつの手段として農業を考える世帯も増えています。





佐藤晴彦
スポンサーサイト





にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/672-1c480260
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)