FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

変革は “働き方”だけじゃない──地方に突然やってきた東京の会社が「農業×IoT」の信頼を得られた理由とは①

以下リンクより
―――――

自然を相手にする第一次産業の世界にも、IoT(Internet of Things)の波が押し寄せている。東京から約900キロ離れた地、長崎県南島原市にあるイチゴの生産地では、ビニールハウス内にセンサーや通信デバイスを内蔵した専用装置を設置。温度や湿度、日射量、土壌水分、CO2濃度といった圃場(ほじょう:作物を栽培する場所)環境データをスマートフォンからいつでもチェックできる環境を整えている。

ビニールハウス内に設置されたモニタリングシステム。センサーや通信機器が内蔵されている
 その中でも特に目を引くのが、一粒約1000円もの値が付く“桃のような香りと味わい”が特徴のイチゴ「桃薫」(とうくん)だ。生産者の栗原雄一郎さん(KAWAKIYA代表取締役/加津砂佐苺組合事務局)も、2016年にこのモニタリングシステムをビニールハウスに導入した1人だ。

 「離れた場所にいても(ビニールハウス内の)状態をリアルタイムで把握できる。農地の状況が心配になって『一晩のうちに3回も確認しにいく』といったことも無くなりました」(栗原さん)

生産者の栗原雄一郎さん(KAWAKIYA代表取締役/加津砂佐苺組合事務局)

大きなピンク色のイチゴ(左)が「桃薫」(とうくん)
 「例年1日に1回しかできなかった収穫が、2回できるようになった」「不慮のボイラー停止による(ビニールハウス内の)急激な温度変化に気付くことができ、3000万円の損失を回避できた」──このシステムを活用することで、こんな事例も生まれているという。

スマートフォンからビニールハウス内の環境や映像をチェックできる
 確かな成果を出しているサービスを提供しながら、積極的にIoTの活用を試みている農業生産者を“すぐそば”で支えているのが、東京都新宿区に本社を置いているセラクだ。社員数およそ1400人、ITインフラ構築やWebシステムの開発などを得意とする同社の温室環境遠隔モニタリングシステム「みどりクラウド」は、電源に接続すればすぐに使える簡単さと低価格から、北海道から沖縄まで、全国でユーザーを抱えている。

 みどりクラウドの研究開発効率をさらに向上させようと同社が取り組んでいるのが、開発拠点を農業生産者がいる地方に置く、サテライトオフィス設置だ。

 そこには、開発に携わるエンジニアが本社からやってきても、いつもと変わらない業務を遂行できる「テレワーク環境」の工夫があった。

廃校になった小学校が先端のサテライトオフィスに
 セラクがサテライトオフィスを置いているのは、長崎県南島原市加津佐で14年に廃校となった旧山口小学校だ。現在は「赤い屋根のふるさと交流館」として内装をリノベーションし、地域住民の交流の場、そして南島原市が以前から実施しているIT企業向けサテライトオフィス誘致の場にもなっている。

 みどりクラウドは農業とIoTを組み合わせたサービス。セラクの担当者(経営管理本部経営戦略室長)は、「南島原農業IT研究所」と呼んでいる南島原オフィス設立のきっかけについて、「実際のデータや設置後の活用ノウハウを持っているのは農業生産者さん。その方々に密着し、ユーザーの声を聞きながらの機能開発や収集したデータ利活用の取り組みを進めたかった」と説明する。

 「当社では、みどりクラウドがビジネスとして立ち上がる前から『いつかITによる地方創生を』と考えており、都内で誘致活動をしていた南島原市さんと2010年頃からコミュニケーションを取っていた。具体的に話が進んだのは15年頃。みどりクラウドの基礎技術が出来上がってきたころで、南島原市さんからも『廃校になる木造の立派な小学校がある』とタイミングのいいお話をいただき、実現に至った」(担当者)

 セラクのサテライトオフィス設置は、総務省が実施する16年度の「ふるさとテレワーク推進事業」にも採択されている。開発の中心はあくまで本社にありながらも、農業生産者と共同研究することで、効果の上がるものはサテライトオフィス(以下、南島原オフィス)で行う──効率と効果を最大化する働き方を実現するつもりだという。

テレワーク環境を構築して気付いたこと
 「外部からの電話に“出張中”とは絶対に言わないで」──担当者が南島原オフィスに訪れる前に東京本社で指示したのは、あくまで出張ではなくテレワークであるというスタンスだ。

 南島原オフィスに整えたテレワーク環境で重視したのは、「東京本社に掛かってきた電話をそのまま受けられること」「テレビ会議で常時接続し、それぞれの部屋が常に見える」という2点だったと担当者は話す。



匿名希望
スポンサーサイト


にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/677-1a01d53f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad