FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

不足しているアイデア・ノウハウ・人手をマッチング

「できる.agriコミュニティ」(リンク)の試みに注目した。
農業生産者が高齢化しており、休日農家や農地をシェアするといった動きもみられる。その中の一つとして、農業のIT活用が急速に進んでいる。農家がITツールを活用するには、以下の3つが不可欠だ。
・アイデア=どんなことができるのか
・ノウハウ=導入までの手順、導入後の工夫など
・ 人 手 =IT技術を扱える人材

しかし、それまで農業一筋できた農家にとって、何をどう始めればいいのかわからないというのが実態なのかもしれない。また、IT技術の発達してきた今、クリエイターやエンジニアなどの非農業人材をマッチングさせ、「IT×農業」を推進している。

ーーーリンク
農家の挑戦を全力支援! 「アイデア・ノウハウ・人手」をマッチング

▼非農業人材とのマッチングスキルを活かしたいニーズも
一見、農業とは縁遠い存在に見えるクリエイターやエンジニア、マーケッターなどの非農業人材。農家支援を目的に結成された任意団体「できる.agri」は、「IT×農業」普及に取り組む中で、農家の方々のIT活用には、「アイデア」「ノウハウ」「人手」が必要不可欠であり、それには、クリエイターなどの非農業人材とのマッチングが有効であると考えた。一方、クリエイターたちにも、農業分野で自身のスキルを活かしてみたいというニーズがあることが判明。そこで、農家の挑戦を後押しするコミュニティ「できる.agriコミュニティ」の運営をスタート。生産から経営管理、商品開発に至るまで、「IT×農業」の「人材の六次化交流」の促進に取り組んでいる。

▼「IT×農業」マッチング事例業務のあらゆる面におよぶ
「できる.agriコミュニティ」では、IT活用以外の分野でも複数のプロジェクトが進行中。例えば、通常、不要な部分として扱われることが多い「米ぬか」を、オフィスワーカー向けの「繰り返し使え、手入れの楽な温活グッズ」として活用、製品化したのが『ヌカモフ』プロジェクトだ。(リンク)コミュニティに参加する農業生産法人・株式会社山燕庵と、3つのブランド「70seeds」「MUKU」「ALL YOURS」がマッチングして始まった取り組みである。電子レンジで加熱することで米ぬかが発熱し、疲れをやさしく癒す製品で、クラウドファンディング・サイト「CAMPFIRE」上にて、限定300点の先行販売中となっている。(※2019年1月時点で終了)

「できる.agriコミュニティ」では、今後も、WEBサイトやセミナー、勉強会、座談会を開催し、「IT×農業」の可能性を生産者に提供していくという。IT活用に手をこまねいている生産者や農業経営者の方は注目してほしい。




takajin
スポンサーサイト





にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/698-dbe6cb51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)