FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

「シビックプライド」とは?地域コミュニティの活性化につながる都市の課題解決に向き合う姿勢

(リンクより引用)

現在、「シビックプライド」を持って、地域活動に取り組む全国各地の事例が増えています。シビックプライドとは、シビック(市民の、都市の)+プライド(誇り)を合わせた言葉。

まちづくりやコミュニティデザインの活動に取り組む人々の間で、注目を集めています。今回は、この街を豊かにするためのキーワード「シビックプライド」について詳しくお伝えしていきます。


■19世紀イギリスの都市で扱われていた「都市に対する誇りや愛着」

シビックプライドをもう少し詳しく説明していくと、もともとは19世紀イギリスの都市で扱われていた言葉で、「都市に対する誇りや愛着」といった意味を持ちます。

日本にも郷土愛という言葉がありますが、「シビックプライド」は思いだけにとどまらず、その都市の課題解決や、活性化といった、具体的な行動に取り組む姿勢も含んでいるのが特徴です。

例えば、実際にシビックプライドを体現した事例として、ヨーロッパの都市アムステルダムが行った「I amsterdam」キャンペーンがあります。オランダのクリエイティブエージェンシー「ケッセルスクラマー」という会社が主導となり行われた地域プロモーションです。

アムステルダムに暮らす人々の日常を写真で切り取り、そこに「I amsterdam」というロゴを合わせて都市の魅力として発信することで、市民のシビックプライドをかき立てることに成功しました。

またバルセロナでは、都市に人格を持たせるために頭文字「B」をモチーフにしたロゴマークを作っています。普段の何気ない写真に、ロゴマークを入れるだけで、自然とその都市のプロモーションを行うことができます。



明治以降の共同体の解体によって生じた孤独死。
人々の危機感から地域力への回帰が必要です。
その一つとして自分たちの住む街に愛着を持つ!という活動は魅力的だなと感じました。



はなわ
スポンサーサイト





にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/704-78326e7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)