FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

サラダ農法 - 腸内細菌叢を大地の地下で推進する農法?! -1

腸内細菌の餌としての食物繊維を摂取することが、腸内の細菌叢を育むことにつながるという知見が注目されていますが、「サラダ農法」って、同じ概念を畑で展開する炭素循環農法なのかなぁ、と思いました。既知の常識を覆す内容も、自然の摂理に照らすと、「なるほど!」目からウロコのことの連続の紹介です。

そのポイントは、森の炭素循環の摂理に倣って生の植物資材を投入することにあるようです。それが「サラダ農法」という謂れというわけです。地中の細菌叢がそれらを分解したものが作物の肥料となるというわけです。大地の地中圏でも腸内でも、同じようなメカニズムが成立している、というのが気づきでした。

――――――――――
無施肥による無肥料栽培。結果として無防除(無農薬)です。無施肥なら無肥料かというと、そうとは限りません。土壌には自然あるいは人為的な多様な経路から養分供給が行われ、条件次第では特定成分が「肥」となることもあります。

勿論、養分供給が行われなければ作物は育ちません。作物にとって無肥料ということであり、無養分ということではありません。また、無施肥=無資材でもありません。「肥」にならないよう適切な資材を使い自然の持つ力を最大限引きだします。単に、何も使わない、耕さないという自然に対する「甘え」の「自然の猿真似農法=箱庭農法」ではありません。

ところで「肥」と「養分」の違いとはなんでしょう。肥は文字通り、作物の健康とは無関係に、単に「肥やす」作用があるもの。養分は作物の生長にとって必要不可欠で、各成育段階に応じ過不足なく満たされなければならないもの。

同じ物であっても、過剰で「肥」となり「毒」となれば、それは養分と呼ぶことはできません。量やバランス、供給の仕方も養分の内と考えなければならないのです。

雑草や緑肥作物で大気中の炭素を固定したり、廃棄物扱いされている高炭素(木質系、草本系)資材を鋤き込みます。しかし、この炭素は微生物の餌(主にエネルギー源)であり、作物の肥料ではありません。

また、あくまでも炭素供給が主目的、窒素ではないのです。ですから土を痛めるマメ科の緑肥植物は使いません。作物の必要とする窒素などの養分は自然状態と同じように、その炭素源を使う微生物に一切を任せます。

堆肥やボカシ、たとえ緑肥でも作物の肥料になるもの、なるような与え方はしません。自然の野山を見れば分かるように条件が整えば、植物(作物)の必要とする養分は賄えるようにできています。
無施肥の場合十分な餌を与えれば、微生物による土の浄化(無機態窒素の吸収や腐敗成分の分解)と共に土壌微生物(バイオマス)が著しく増え、餌をたくさん食べるようになり、成育速度も想像以上に早くなります。

尤も、転換後、「土壌中の炭素循環量=土壌微生物の活動量」が一定レベルに達し安定した土壌構造ができ上がれば、それほど多くの餌を必要とせず、炭素資材の確保のために自然を破壊する懸念もありません。

イネ科(水稲、トウモロコシ、サトウキビ、麦)などの炭素固定量、残渣の多い作物は、最初から残渣(水田の場合ワラ、株)だけで十分。蔬菜類でも土壌構造が出来上がれば、外部からの高炭素資材の持ち込みはゼロ。「植え(蒔い)て採るだけ」。唯一の未解決問題であった大量の餌やりから解放されます。

 大量の餌やり:
大量と言っても、慣行栽培に比べ多いわけではない。堆肥の「標準施用量(稲藁堆肥換算)普通畑 15~30t/ha/年/連用(地力増進基本指針 農水省)」に必要な堆肥の原料の半量~同程度(畑にするための一回限りの造成工事=排水・通気のための溝のチップ等を除き)。しかも、施用期間は土壌構造が出来上がる迄の転換初期 2~4年だけで、それ以降は必要ない。

但し、土壌構造ができ上がる前に、餌が不足し微生物が餓死したり飢餓状態になれば土は後戻りして、作物は栄養失調、成長遅延、野生化(退化現象=小さく硬い、繊維質、青臭くアクが強い)。肥沃地とは逆に貧栄養に強い雑草が優勢になり、土の浄化もできません。そして、栄養失調の貧弱野菜は糖やビタミン類も少なく不味くなります。

『たんじゅん 炭素循環農法』 リンク より
――――――――――
つづく




小圷敏文
スポンサーサイト





にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/713-55f35e72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)