FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

食からも人を感じたい

最近の食への不安感の高まりから、農家がもっとプロ意識を持たないといけない、というような新聞記事を見ました。

「現代農業の農産物の品質を考えないと、農業の生き残る道は無いと思います。消費者が幸せにならない農業は、何れ崩壊します」

HPでこんなメールが紹介されているのを見ました。何かおかしいなと思いました。佐々木さんが、

>消費者=王様・労働者=奴隷の図式は農でも変わらず、消費者は気まぐれ。

と言っていますが、本当にそうですね。でも消費者は気まぐれというのは、少し違うのかなと思いました。感謝の心を持たなければいけないと言っても、持てないようになっている?と思うからです。

食についての関心が高まっているというのは、そうだと思います。ただ、スーパーに並んでしまえば、どれも同じに見えてしまう。スーパーに並んでいる野菜達も、広告なんかでよくよく見てみれば、〇〇産の絶品野菜だったりする。でもあそこに並んでしまえば、同じ。少しでも安いものってなってしまう。(三澤さんが言われているように、イメージできたらいいのですが)農家の方が苦労されていても、それが伝わってこない、それこそが問題だと思います。品質ではなく。

無農薬野菜と言われても、なんとなくですが、信じられないではないですが、生産した農家のおじさんから買うのとでは全然違うと思います。どうやって作るのか、何が美味しいのか。それを直で聞くことができるというのは大きい。
そういう意味でHPで紹介されている、作り手の苦労とかこだわりを感じさせる食品なんかに可能性を感じています。明日、メーリングリストのオフ会で、〇サイトの「源さんキムチの風来」さんのキムチ鍋をするのですが、とっても楽しみです。こんな喜びを体感していくことも、長谷さんが言われている

>生産者と消費者を結び交流する企画、試み

の一つに当たるかなと思います。

生産と消費が同じ。それがどうして出来ないのか。農家のおじさんたちもどんな人が食べてくれているか分かった方が、きっともっと美味しいものをつくろ!って思うと思う。(佐々木さんが前に提案していた家と職場が同じっていうのも近いかな?)それぞれが分断されて、それが本当に良かったのか。

信頼できる人と共に生きていくこと。そんな必要性を感じます。それが、みんなが求めている生活なのかなって。松本さんが言われていたように刹那的に、生活水準を下げようといわれるとちょっとピンとこないのですが、知り合いが作っているものだったら、素直にちょっと位高くっても、そっちを買お!と思う。そんな思いがどんどん広がっていけばいいと思います。(だから、農業を実際にされている方と、ここで真剣に考えていきたい)



立石裕美
スポンサーサイト





にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/72-235d6ede
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)