FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

タバコの新たな使い道!?タバコ天然成分による害虫防除

有機農業をやっていく当たって大きな壁になるのが、害虫。
類農園でもカメムシやらなにやらにやられてますが、意外なものから可能性が出てきたなと感じました。

今後の動きに注目していきたいです!

【「タバコの新たな使い道!?タバコ天然成分による害虫防除」
リンク】

以下引用
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日本では、受動喫煙対策を強化する改正健康増進法が成立し、2019年7月1日から保育所や幼稚園、学校や病院、行政機関の庁舎などを「屋内全面禁煙」となりました。東京オリンピック・パラリンピックに先立ち、2020年4月1日からは飲食店やホテルのロビーなども原則禁煙となります。
世界ではさまざまなタバコ規制・対策が実施されていますが、日本のタバコ対策は世界から見ると「最低レベル」に位置しています。そのため2020年に間に合わせるかのようにして、タバコ規制・対策が続けられています。
「健康を害するもの」というイメージの強いタバコですが、農業界においては、その新たな使い道が注目されています

〇ロリオライドとは

タバコに含まれる天然成分ロリオライドが今注目を集めています。ロリオライドとは、カロテノイドと呼ばれる天然色素の一種です。カロテノイドはニンジンの色素としておなじみのカロテンを含む、微生物や動植物に存在する天然色素です。ロリオライドは、そのカロテンが分解されるときに生じるものだと考えられています。
そんなロリオライドには、ミカンキイロアザミウマやナミハダニといった害虫被害を抑制する効果があることがわかりました。農研機構の報告によると、ロリオライドをトマトに与えたところ、トマトのもつ害虫抵抗性が高まりました。

〇ロリオライドの効果

害虫は、同じ種類の殺虫剤で防除され続けると、その殺虫剤が聞きにくくなる薬剤抵抗性が現れることがあります。
ロリオライドそのものには殺虫効果がありません。ロリオライドは「プラントアクティベーター」と呼ばれる、植物がもつ害虫抵抗性を高めることで害虫被害や病害を防ぐ薬剤として機能します。ロリオライドがプラントアクティベーターとして機能すれば、殺虫剤を使用せずに済み、虫が薬剤抵抗性をもつ可能性を減らすことができます。
実験では、トマトの葉にロリオライドを与えたあと、害虫であるナミハダニの雌を放飼し、ロリオライドを与えた葉とロリオライドの溶剤だけの区の生存率と産卵数の低下を比較しました。その結果、ロリオライドの溶剤だけの区では8割以上あった生存率が、ロリオライドを与えた葉の区域では5割程度に低下。産卵数も半分になりました。これはロリオライドによって、トマトの害虫抵抗性が高まったことを示しています。

〇プラントアクティベーターが注目される理由

植物にもともと備わっている害虫抵抗性、耐病性を高める効果のあるプラントアクティベーター。植物の機能を高める力があることから、薬剤耐性のついた虫や菌が発生することを抑止することができます。また殺虫剤、殺菌剤の使用量、使用頻度を減らすことができますから、持続可能な農業に役立ちます。
現時点では、農薬として登録されているプラントアクティベーターはイネいもち病等の病害に有効なものだけで、害虫用で登録されているものはありません。タバコに含まれるロリオライドが登録されれば、新たな害虫防除剤として注目を集めることでしょう。



三上公平
スポンサーサイト





にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/743-fdd3cba4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)