FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

ニワトリの生態



採卵目的として小屋にニワトリを飼育しているのはよく目にも耳にもしますが、ニワトリは本来どういった生態をしているのか?
家畜(=鶏の場合は特に家禽)としても好まれていたが最近ではあまり目にしません。
ニワトリが世間から卵を産むだけの動物となっていっているのではないでしょうか。
ニワトリの生態を追求し、世間に理解理解してもらいたい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

歴史:数千年前の古い時代に家畜化。
   家禽として世界中で飼育されている。
   ニワトリ(の成長した雌)はだいたい毎日一個の卵細胞を排卵す
   る。
   ヤケイという野生の鳥を、毎日一個の卵細胞を排卵するように、長
   年を掛けて品種改良されたものがニワトリ。
   今でも『ヤケイ(野鶏)』と呼ばれる野生のニワトリが生息してい
   る。
   このヤケイの内の『セキショクヤケイ(赤色野鶏)』が、 現在の家
   禽のニワトリの祖先ではないかと言われている。

性格:卑怯者や腰抜けの代名詞とされる鶏(チキン)だが、実は意外と狂暴   で好戦的な性格をしている。
   警戒心が強いため人間が追いかければ一目散に逃げてしまう。
   羽毛が白色系の品種は基本的には神経質な性格をしており、★茶色   い「ロート」種や「もみじ」種は温厚な性格をしている。

寿命:鶏の平均寿命は10年。
   大切に愛情を持って育てれば15年・20年と生きさせることもできま
   す。過去には最長30年という驚きの長寿鶏も存在する。

生態:鳴くのはオスだけで、メスはほとんど鳴きません。
   採卵用に品種改良が成されているが2歳半を過ぎると産卵率が落ち卵
   を産まなくなる。
   採卵目的で飼うのであれば「ローマン」「ハイライン」「シェー
   バー」「イサ」「デカルブ」。
   仲間と一緒にいることを好む。
   母親は、材料をかき集めて巣を作りその中で卵を産む。巣を作る場
   所や巣を作る材料を得られないことは大きなストレス。
   砂浴びが大好きで、片方の羽を広げ、砂を浴びる。そうすることで
   羽を清潔に保ち、ダニなどの寄生虫を落とす。
   微生物と共に生きる。
   →エサを発酵させる(50℃ぐらい)と、
    アルカリ性に傾きます。
    酸性(お肉類や濃厚飼料)が多いと
    どうしても病気がちです。


飼育方法:鶏の糞は発酵させて堆肥にできる。嫌な臭いも少なく、見た目はサラサラの土の様。
成鶏には、1.8リットル酒パックの容器を切って小屋に ワイヤー固定をし利用。ちょうど頭を突っ込んで餌を食べられる。

果物が大好き。ブドウの皮やメロンやスイカの皮も奪い合いになるほど。雑草の場合は、毒草でないことをネットで確認し、残飯をあげるときは、塩分や糖分、食品添加物に気をつけること。ご飯やうどんやそうめんの麺は大丈夫だが、 味のついたもの、だしやスープは、あげない方がいい。

におい対策に、庭にゴールドクレストというヒバ(ヒノキ)類の木が
あり、さわやかな香りがするので、剪定ついでに利用。
その枝を細かく切り、毎日食べた後の玉子の殻を電子レンジで
1分加熱したものをミルサーで粉砕し貯めておき、この2つを
合わせて、ウニ小屋にまいている。それと細目のゼオライト=珪酸土
(植木に使う土です)もまいている。入れたての頃は、それで砂浴びを
する。

床にコンクリートをはらない。ただの土の上で生活することで、湿気が適度にあり、糞が自然と発酵してなくなる。
換気する。風通しを良くし、空気がたまることを防ぎ、風邪予防する。
天然の草をあげる。草の中にはヨモギ、スギナなど虫下しや回虫に効果がある。ビタミンも豊富で、繊維質もある。まさに天然のお薬。

 



道民
スポンサーサイト





にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/744-cf355d30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)