FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

おいしく・たのしく・ありがたく

去年、農家参加のイベント(主催は主婦)で
「おいしく・たのしく・ありがたく」というのをやりました。
内容は前半が大試食会(農家がそれぞれ自分の農産物を料理する。)
来られた方は参加費(1000円)を払い、後は食べ放題。
後半が「おいしく・たのしく・ありがたく」のワークショップでした。
ワークショップではそれぞれ、おいしく食べた時、たのしく食べた時、
ありがたく食べた時を話し合いました。
「おいしく」「たのしく」では「久しぶりに食べた肉」とか、「遠足の
時」などわりかしスムーズに出たのですが、「ありがたく」になった時、
農家と食べる側の意見が少し食い違いが出ました。

今の日本で「ありがたく食べる」というのが非常に少なくなっている
と感じ、「ありがたく」というのがキーワードになってくると思った
ものです。まあ農家が押しつける「ありがたく」は違うと思いますが・・

農業をやる前はバーテンとホテルの支配人をやってました。
そんな訳で接客の視点から農を見る事が出来ています。
農をやり始めてから、色々な気付きがありました。こんな季節の移り変
わりを実感出来る仕事も少ないと思っています。

無農薬栽培をしていますと大串さんの言われる通り害虫と雑草が一番の
問題になりますね。自分の分かる範囲で答えていきたいと思ってますの
でうちのHPに遊びにきて下さいね。時々、風来のHPにそんな相談は
寄せられます。
ちなみに今年は青虫退治にヨーグルトを使いました。

尊敬する農家の先輩はこれからの農家は情報公開が必要だとつねづね言
われます。
確かに農家の社会は狭く、「他より良く」という風潮があります。そんな
訳で良い方法というのはなかなか出回りません。(そして農薬メーカーの
情報を鵜のみにしてしまう)

情報を公開して、色々な人が野菜や食を育てる。そのことによって個々が
農・食の大変さ、楽しさが分かる。そして食に感謝していく。
そうなればと思います。

西田栄喜 
スポンサーサイト





にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/79-b6edf349
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)