FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

生産共同体に賛成

> 企業は、食糧確保を国に依存することなく、企業(生産共同体)内に農業を組み込む事が重要なんじゃないか?と思います。農業生産者もその方が安定するしね。(具体案は棚上げしても、企業群と農家群との専属契約は出来そうだ) < (松本さん)

この提案は、おもしろいですね!
大賛成です。考えてみると、大企業と云われるところは、何万という社員がいて、家族を含めるとかなりの大所帯ですからね。現在では、(例えば機械メーカーであれば機械の)生産だけに徹し、外に「売る」ことのみを活動の中心としています。しかし、それが、自分たちで作って食べるための農業を内部にとり入れたら、急に人間味の増した企業(共同生産体)に見えてきます。

やはり企業群と農家群の専属契約が取っ掛かりとしては、一番近いのでしょうね。現行の企業内で、農業を始めるということは、そう簡単には行なわれなそうですから。

そこから、「企業群」と「農家群」の2者をどう統合するかが課題だと思います。両者ともひとつの共同体に属する仲間であり、みんながそういう意識にならなければいけない。
以前、農業小学校的な提案がありましたが、(15106、15455、15792、他)同じように、会社に勤める人が、社会人になってからでも、中長期で(自社の農園において)農業体験をしてみてはどうでしょうか。社員がだんだんと農業への出向体験をし、消費者・生産者という分断された意識を無くしてゆく。自分たちが育てたものを食する。

こんな動きが出来てきたら、日本の農は「国に任せず生産共同体で守る。」(松本さん)ということも 可能になってくるのでしょう。


田中道世
スポンサーサイト





にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/88-de6feca7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)