FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

農に誇りをもてない農家が多い(と思う?)中では、本源潮流下の農志向も活かせない!

ところで、
「本源潮流に沿ったもの」「豊かさを抑制するもの」、何があるでしょう?
独断ですが、環境問題よりは農業課題の方が本源潮流に沿った議論がやりやすいと思います。
そこで、以前挙がっていた「農村留学」はどうでしょうか?

実は農村留学の議論のとき、常に違和感を感じていました。
農民は、農に誇りを持てず、農村共同体も崩壊が進行中。
また農村文化を都市文化より劣るものとして農村側が意識しているのが現状?
現状のまま、農村留学をしても多分良い結果はでないでしょう。

本源潮流の下での農業志向や昔志向。
思うに、農村側って、このことを最も分かっていない人達。
だから、「村興しで何かしよう」といっても、ずれたことばっかり。
→原っぱをわざわざグランドや公園に変えたり、水路の草や石を除いてコンクリート化、妙に小奇麗な(街にあるような)施設を作ったり…

そこで
都市側の人間が、農のどこに惹かれるか?
もし1年間農村留学するとしたら、何がしたいか?
農村のこんな所は魅力がない。ここは変えたほうがいい。

もっと気楽に、
2泊3日で、農村体験するとしたらどんなことがしたい、あればいい?
こんなものが欲しい。こんなものを作りたい。

何か面白いことが出てきたら、農家の方が集まる所に紹介しましょう。
農家に「なんだ、そんなに農って注目されてるんだー」って教えてあげる。
そうすれば、農家自身が農に対する意識の変革が出来ていくのでは?
そんな誇りを持った農家の下だったら、農村留学も良いものになるでしょうし、農村と都市を結びつけるものも出てくるかも?

農民が、農に誇りをもつ。
農に関する問題の大きな処方箋はそこから始まる気がします。

佐々木健二
スポンサーサイト





にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/91-b24dc28b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)